老人ホームの種類と特徴

老人ホームとは、老人の身体上や精神上の障害、家庭環境や経済上の問題で、自宅での生活や介護が困難になった場合に、入所して世話をしてもらえる老人福祉施設です。老人ホームは養護老人ホーム・特別養護老人ホーム・軽費老人ホーム・有料老人ホームなどに分けられます。



最近では高齢化や少子化・核家族化を反映して増加し続けています。

たくさんの施設がありますが、それぞれ人によってどの程度の介護やサービスが必要なのか違いますし、どういう施設を利用したら良いのか選ぶ事ができます。



リハビリを目的とした施設としては、老人保健施設があります。


ここでは医学的な管理のもとリハビリや介護・看護を受けられますが、3カ月しか入所できません。



他の施設に移るための準備や病院を退院してから自宅に戻る為の準備をする期間に利用することが多いです。
特別養護老人ホームは、常に介護が必要で自宅での生活・介護が困難な場合に利用されます。

ここでは、食事や介護など日常生活の上で必要な介護を受ける事ができます。他の施設に比べ1カ月の利用料が低いので、入所希望者が多くどこも入所待ちの状態です。
有料老人ホームも自宅での介護が困難な場合に利用される施設です。こちらは部屋がそれぞれ個室になっています。



入居時に一時金を支払わなくてはなりませんし、1カ月の料金も特別養護老人ホームに比べると高いので、負担が大きいです。



グループホームは、認知症の方の為の施設で、共同で生活し食事や入浴等の介護・機能訓練を受けられます。
ケアハウスは軽度の介護サービスを受けられる施設で、日常生活を自立して送る事ができる高齢者向けです。最近ではサービス付きの高齢者住宅も増えています。

部屋はバリアフリーで安否確認もしてもらえ、生活相談のサービスや自宅で介護保険を利用する場合と同様に訪問介護サービスなど利用できます。

自分にあった施設で、少しでも負担が減りいきいきとした生活を送りたいものです。

http://www.meikeikai.or.jp/publics/index/48/